Top

tetsuo yamaji
by tezzobasar
カテゴリ
ARCHI.info.
BOOks + Movies
MUsic
THe WOrld of Mine
MY Works
ArT
以前の記事
2014年 08月
2011年 12月
2011年 08月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
7th of MAY.
行ってきました万里の長城。
やっぱCHINAといえばこれやろ。
まがりなりにも建築に携わっている僕としては、世界最大の建造物、いうたら建造物の世界チャンピオンを見逃す訳にはいけません。

と、いうわけで昨日朝まで仕事をしていたにもかかわらず元気に出発。
遊びとなるとやはりテンションが違う。
北京市街からタクシーで約一時間半。一日チャーター550元。(8250円)
北京からバスで行くとめちゃめちゃ安くいけるものの(15元)、その後の行動、時間を考えるとタクシーを使うのも合理的。みんなで割ると高くないし、現地でタクシーを拾うことはGWなどピーク時には困難。
てなわけでタクシー乗り込みさっそく爆睡。
高速道路で約1.5時間。眼前に山々が聳えはじめると僕の目も冷めない訳にはいけません。エンドルフィンの分泌をおさえつつ、まず向かうは八達嶺長城。
一口に万里の長城といっても6000kmの長さを持つため、その観光スポットはいくつかあり、観光的に一番メジャーなスポットが八達嶺長城。写真にでてくるのはだいたいここ。
チケット片手にさっそく登城。
c0072829_3292192.jpg

や、やばいわー。
かつて見てきた有名建築物なんて比にならない。感動を通り越して畏敬の念すら感じ始まる。
もう、ごめんなさい! 完敗!

地形や気候すら突き抜けた建造物。それは山稜に体を沿わせる大蛇の様で、僕の足下から視界の果てまで続く一続きの体は地球そのものだった。
c0072829_3305018.jpg



満足感たっぷりに長城から降り、次に向かうは長城コミューン。
アクオスのCMで吉永小百合が登場した竹でできた別荘、といえば思い出す人も多いのではないか。これは隈研吾によって設計されたBAMBOO WALLと呼ばれる建物だったのだが、全体としてはSOHO-CHINAというディベロッパーがこれを含む12棟の別荘をアジアの有名建築家に設計させたという隠れ家リゾート地である。
八達嶺長城で調子づいた僕たちは意気揚々とコミューンに乗り込んだがあいにくGWの土曜というわけで2個しか別荘が見学できなかった。このように別荘は借りることができ、お客が入っているときは見ることができない。必ずまた行くことを誓って、その二個の紹介は次回に。


その後北京市内に帰り、三里屯にある四川料理屋へ。
c0072829_3314058.jpg

Gold Barn

辛いがうまい。
そして食いきれない。
前菜だけでお腹が7割ほど満たされたようだ。
ゆっくり食べましょう。


次にそこから徒歩で移動。
オサレ・バーへ。
c0072829_332272.jpg

Green. T. House

さらにバーをもう一軒ハシゴして本日終了。
北京フルコースです。
[PR]
by tezzobasar | 2006-05-10 03:37 | ARCHI.info.
<< 12th of MAY. 5th of MAY. >>