Top

tetsuo yamaji
by tezzobasar
カテゴリ
ARCHI.info.
BOOks + Movies
MUsic
THe WOrld of Mine
MY Works
ArT
以前の記事
2014年 08月
2011年 12月
2011年 08月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
21th of JAN.
c0072829_2348546.jpg


晴れた日曜日。

散歩がてら近所のスーパーに行ってみる。


僕の住む地域はCBD(中心業務地区)の受け皿のような住宅地域。西新宿にとっての中央線沿線といったところか。
ただしその距離が非常に近いため、郊外といった様相にはならず、高密度住宅地域として都市に近接している。つまり都市居住。
なんて言うとすごくいいもののようにも思えるが、都市の密度で急速に詰め込まれたマンモス団地ははっきりいって異様。明かなコピーアンドペースト住宅が面的に延々と広がる様子は少なからず目眩を覚える。
僕の住む社区だけでもでかいなー、とか思っていたのにスーパーにたどり着くまでにたたみかけるように現れる集合住宅は二日酔いの頭には少々ヘビー。酒が抜けていれば意外にこのサイケデリック・リフレインが刺激的だったのかもしれないが。

そこでひょっこり現れる、スーパー「carrefour」(仏)。売り上げ世界第二位のハイパーマーケットらしいが、この団地のなかではなぜかかわいくみえてしまう。なれとは怖いものです。ちなみに一位はウォルマート(米)。
カルフールが海外進出で勝利するパターンとは、「流通が未発達な国で市街地を包囲する出店によって地場の小売業を圧倒していく」もの(J marketting netより)。都市中心と郊外の中間に位置し、都市を中心として円を描くように展開していくことで、都市をぐるりと包囲して都市からのお客も郊外からのお客も、そのビッグネスを武器に根こそぎ奪ってしまおうと、そういう戦略。

実際その経営戦略は各地のローカリティを奪うえげつないものなのだが、しかしここは中国。さらにその規模を上回る圧倒的マンパワーによって、世界二位のハイパーマーケットを「適当な規模」に押し込めている。

c0072829_23494429.jpg

いや、まいりました。
[PR]
by tezzobasar | 2007-01-23 23:55 | ARCHI.info.
<< 27th of JAN. 15th of JAN. >>