Top

tetsuo yamaji
by tezzobasar
カテゴリ
ARCHI.info.
BOOks + Movies
MUsic
THe WOrld of Mine
MY Works
ArT
以前の記事
2014年 08月
2011年 12月
2011年 08月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
30th of JAN.
北京→香川です。


c0072829_3492655.jpg


瀬戸大橋を渡って香川にさしかかると、まずお出迎えしてくれるのが坂出の「番の州工業地帯」。僕はこの工業地帯の景色が好きで、帰省のときはできるだけ左側の席の窓際に座るようにしている。
海に浮かぶコンビナート。鉄錆びた固まりが圧倒的なスケールでごちゃごちゃと寄り集まっており、さらにはそいつらがパイプやら階段やら橋やらでざくざくと連なっている。この環境にして明らかにじぶんが邪魔者であるにもかかわらず、周辺に浮かぶのどかな島々に決して馴染むことの無い排他的な建ち方に何かハードボイルドな背景を感じてしまう。

明石大橋開通を控え、坂出市を視察した鳴門市職員は「うちは橋のたもとに工業地帯がないのが幸い。この景色は最悪ですね」と言い放ったそうだ。
工業化時代には、瀬戸内工業圏を牽引する立場としてもてはやされ、坂出市に潤いをもたらしたこのコンビナート。2度の石油ショックと円高不況によって関連企業は一気に減産。現在の従業員数は当時の4割にまで落ちた。
コンビナートは自己完結性の高い構造のために短期的な効率を高めるが、関連企業を育てず、また地場産業の介入を許さない。閉鎖性の高いシステムのもろさがはっきりと示されているようだ。

現在、坂出市はこの勢いを失った工業地帯を「美しい景観を失った経済的代償」といったように見ているらしい。
しかし僕にはこの景観が悪いものだとも思わないし、むしろ点々と並ぶ島々と対比的に浮かぶこの「機械島」を愛らしく思う。そもそも美しい景観を失った、などという回顧的な意見が気に食わない。短期間といえ坂出市に恩恵をもたらしたこの超大型マシーンをなんとかしてポスト工業化時代の今に活かすことができるのかを考えたいものだ。
[PR]
by tezzobasar | 2008-01-16 03:51 | ARCHI.info.
<< 2th of JAN. 10th of DEC. >>