Top

tetsuo yamaji
by tezzobasar
カテゴリ
ARCHI.info.
BOOks + Movies
MUsic
THe WOrld of Mine
MY Works
ArT
以前の記事
2014年 08月
2011年 12月
2011年 08月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
その他のジャンル
記事ランキング
<   2005年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
27th of JUN.
この二日で研究室の人々にたくさん会う。
あいかわらずだ。
仕事における成長なんかは別として、単にキャラが。
で、その度に、ああそうそう、こいつはこうやった、と思い出す。
これだけ日本を離れるとついドラマチックに考えてしまう。


ドアを開ける。
「久しぶり!」
友人が振り返る。
「え?」
一瞬固まる。
「おお!いつ帰ったんや。」
「三日前やな。」
「日焼けしたなあ。遊びすぎやろ?」
「いや、ほんまに。ちょっと泳ぎすぎたわ。」
「こらこら。青い目の彼女でも連れて帰っとんちゃうん?」
「いやあ、それには失敗したわ。あ、そういやお前の彼女どうなったん?まだ続いとん。」
「いや、ん、ん。」
「なんや、ふられたんかい。」
「いや....死んだ。」
「え。」
「....自殺した。」
「え、なんで、え、そんな子ちゃうやろ。」
「いや、違うな、俺が殺した。」
「何言うとんや!何があったんや。」
「実は...できちゃってな。でも、もう三ヶ月過ぎてて。俺も彼女も悩んで。でも俺、どうしても産 んでくれって言えんくて。それで彼女思いつめて...。」
「...そうか...。」
「.......。」
「.......。」
「.........そろそろ....ええかな。」
「何がや、まだいけるわ!」
「いや、俺が悪かった!」
「あほか、まだ諦めるなや!」
「無理や、こんな流れでオチとかつくれるか!」
「そうか...やっぱ俺が彼女ネタふったんがだめやったんか。」
「いや、俺も自殺とかちょっと落としづらい方向にもって行き過ぎた。」
そして二人は反省会。友情を深める。



いや、めっちゃドラマチックや。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-29 03:00 | THe WOrld of Mine
26th of JUN.
学校に行く。
北山恒、西沢立衛、うちの教授陣にお会いする。
学校に行ったのは単に学生証が欲しかっただけ。
いや、ほら、学割重要やん?
でもタイミング良く二人ともいた。
実は珍しい。週一くらいの確率。

久しぶりに会ったにもかかわらず、
おお、いいところに帰って来た。とりあえずペンキ塗ってくれない?
いや、違うやろ。もっとあるやろ。
今研究室引越し中で新しい場所改装中。
馬車道駅近くの帝蚕倉庫。広い。

日本人の出迎えはおそらく世界一ドライだ。
嫌いじゃないけどな。楽でええわ。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-29 02:11
25th of JUN.
昨日は寝た。

今日は買い物に出掛ける。
まずは携帯電話。
これがなくては社会生活は始まらない。
皆に連絡。

街を歩く。
僕は旅行に行くのも好きだが帰るのも好きだ。
帰った時の違和感がたまらない。
日本をもう一度新しい目で見る事が出来る。

当たり前だったはずのことがおもしろい。
まだ旅は終わらせない。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-27 12:20
24th of JUN.
帰国。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-26 12:16
23th of JUN.
とうとう明日出発。
さきほどチケットを確認する。
そういえばしてなかった。最低だ。
前回日にちを間違えて乗り遅れたのに何の反省もしていない。
今回は大丈夫なようだ。
明日ちゃんと起きさえすれば。

会いたい人にはだいたい会えた。
まあ、こんなもんやろ。

次は日本で会いたい人に会いに行こうと思う。

では日本で。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-24 08:15
22th of JUN.
あいかわらずスイム、ビールの生活は続いている。
昨日の晩は川のスイミングプレイスに併設されているバーで飲むというコラボ。
RIMINI。
今日は少し遠出をし、チューリッヒの端っこの方まで行く。
川がちょうど二手に分かれる場所で島のようになっている。
流れが強い。
こんな流れが強いのにロープが川に垂直に一本張られているだけ。
なんて放任主義だ。
泳いで逆流するのはまず不可能。
ロープと流れに体を挟まれると痣ができる。
水深約5m。
そんな流れの中に橋の上からダイブする。
水に潜ると直立で体が平行移動する。
いや、めちゃめちゃ楽しい。

おかげで左足をつる。

で、寿司バーにビールを飲みに行く。
GINGER。
アサヒスーパードライ 600円。
高い。
帰ったら飲めるのに。
ここでデイブとお別れ。
また会えることを約束し、さよなら。

で、事務所の近くで元同僚と飲む。
BAR SOL。
旅行の話。その間に起きた事務所の話。これからの話。
ここで同僚たちとお別れ。
また会えることを約束し、さよなら。

今日はたくさんの人にさよならを言った。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-23 08:23
21th of JUN.
とうとう銀行口座を閉じる。
なんか口座と住所があると住んどる、って気ぃするけどそれもなくなり本格的に旅行者という気分。そのついでに本日のテーマは観光。旅行者なら、という感じで街を巡ってみる。
実は入ったことのなかったメインストリートのデパートに入ってみたり服屋さんや時計屋さんに入ってみたり美術館に行ってみたり。
その道中で僕がよく行っていた場所にも立ち寄る。
CD屋、古着屋、本屋、レコード屋、カフェ。
実はあんまりレパートリーないな、ということに気付く。
その中でもカフェはお気に入りのところがあっていつもそこにいく。
旧市街の真ん中にあって行きやすいし家からも歩いて行ける。
何より落ち着く。

c0072829_10162073.jpg


いつも通り普通のコーヒーを一杯頼み煙草を二本吸う。
本を読むこともあるが基本長居はしない。
そして一人で行く。
誰かとどこかに行こう、などとなると日本人の友達でない限りまず間違いなく僕より詳しいので連れて行ってもらうことになる。と、いう理由もあるが自分だけの場所が欲しかった。
別に隠れ家のようなカフェでもなく多少奥にはあるがお客も多く自分の場所、などとは言いがたい。正確に言うと自分の判断でいられる場所、というところだろうか。おそらく誰かに言えば、ああ、あそこね。という答えが返ってくるだろう。チューリッヒは狭いので子供の頃から住んでいる人なら隅々まで知っている。でも言ってない。
ここに来て数ヶ月はほぼ全てを誰からか与えられる立場だった。何を始めるにしても誰かを頼らなければならない。かつ自分の周りには仕事の人かルームメイトしかいない。そして毎日そこを行き来する。与えられたものに対してイエスかノーか。好きか嫌いか。それだけ。
そんなときにここを見つける。
自分が選んで自分で好きになった場所。

実は名前を知らなかった。
今日、おそらく最後だろうと名前をチェックする。
’Corazon’
スペイン語で 心。
旅の前なら間違いなく知らなかった言葉。
このできすぎた話に最後を感じて少し感傷的になる。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-22 10:24
20th of JUN.
泳いできました。
ビール、スイム、ビール、スイム。
だめだー。復帰できねえ。

でも昼は荷物まとめ作業。
意外に荷物が多い。
なんか本が多い。重い。
捨てるべきか、持ち帰るべきか。
不可能ではないが腰に致命的なダメージが残りそうな重量だ。

そういえばちょっとずつ過去の旅行を振り返りつつ書き込んでいます。
全然進まねえ。
一日の内容量が多すぎる。
一ヶ月半、いつ書き終えるのか。
まあ、充実していたということで。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-21 05:44
19th of JUN.
昨日の晩も飲みに行き、そのままそいつん家へ。
僕、今宿無しですから。ふらふら、点々と。
前の家に泊まれるんやけどまたあの彼氏来とるし。ベルリンから。
今日は寝ます。家で。

街をぶらぶらと。
冬のチューリッヒしか知らないまま旅立って帰ってきたら、、これ全然違う街やないですか。
通りにはこんなに店あったんやいうほど机と椅子が進出してきとるし、実際夏から開いた店もちらほらとある。あんなに人通りの少なかった夜の街もうじゃうじゃしとるし。
今日が日曜日いうのもあるけど観光客が異常に多い。明らかに人口が増加しとる。
あちらこちらで英語フランス語が飛び交う。
冬はドイツ語しか聞いてなかったはずやのに。
そんで湖行ってみたらそこら中で人がごろごろごろごろ。
で、僕もごろごろ。
水も全然泳げる温度やし。
人と鴨と白鳥の間をかいくぐり、クロール。
塩味はしない。ちょっと池風味。全くもってうまくはない。飲むな。

それにしてもここ二ヶ月で三年分くらいの夏を堪能した。
日本復帰できるのか、僕は。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-20 05:13
18th of JUN.
Zurich

やっと帰ってきました。
チューリッヒ。いやあ、落ち着くわ。
昨日は友達と飲みに行ってそのままそいつんちに泊まる。

で、本日我が家に帰ってきました。
我が家って言うても、もう部屋は引き払っとるしリビングルームに寝かして頂くことになるのですが。

帰国は6/25、土曜日です。
あと一週間。ゆっくりとチューリッヒを楽しんで帰ります。

今写真を取り込んでいるのですが、なかなか終わってくれません。
なにしろ2000枚ですから。
ちょっとずつ写真を載っけていくつもりです。

興味がありましたら5/1から遡ってチェックして頂ければ、増えてるかも。
[PR]
by tezzobasar | 2005-06-18 22:37