人気ブログランキング |
Top
<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
28th of FEB.
CDを返しに行くとまた借りる。
うーん。戦いの螺旋 by宮本武蔵

Free Soul Collection/Monday Michiru
Half Works/Halfby
Adelie Land/Handsomeboy Technique
Frankenstein/Satoru Ono
simply blue/akiko
渋全/渋さ知らズ

Free Soul Collectionでマンデイ満ちるがでてたのね。やっぱいいけどただのシングルコレクションじゃねーか。残念。渋さ知らずからは新作渋全。あいかわらず何人いるかわからんけど渋いわー。ジャズボーカリストakiko。バーでカクテルを傾けたくなります。とりあえずテキーラ3つから始めましょ。京都レーベルSECOND ROYAL から3つ、Halfby、Handsomeboy Technique、Satoru Ono。京都はJazzだけじゃないな。泣かせるダンスミュージックHandsomeboy TechniqueもいいがHalfbyはまじでキュートだ。スイートだ。TMVG、キュビズモ・グラフィコあたりが好きな人はど真ん中じゃないかと。
by tezzobasar | 2006-02-28 23:55 | MUsic
27th of FEB.
久々にツタヤに行くとCDいっぱい出てた。
嬉しくなるなー。

JAFROSAX2/Jafrosax
Osteria Del Rosso -Dolce/akakage
Osteria Del Rosso La Granita/akakage
en:Code/Jazztronik
Palookaville/Fatboy Slim
Music For Beautiful Modern Life Edited 1/TATSUO SUNAGA
WORLD STANDARD NO.4/A Tatsuo Sunaga
Double Standard/Sunaga t Experience
Schema Bossa Suite 01/Tatsuo Sunaga
Schema Bossa Suite 02/Tatsuo Sunaga
Organ b. SUITE/A Tatsuo Sunaga Live Mix
Organ b, SUITE No3/A Tatsuo Sunaga Live Mix

須永コーナーを見つけたので久々に古いやつをごっそり借りてみるがやっぱり新しさはなかった。それにしても驚くべきは伊藤陽一郎。昔のキッチュな感じは抜けていい感じに進化してます(前も好きでしたが。)当分聞き込むことになりそうだ。後は踊れるJAZZとしてJazztronik、Jafrosaxの新作。Jazztronikはあいかわらずいい。Jafrosax、踊らすじゃねーかこのやろー。こいつも聞き込むことになりそうだ。そしてFatboy Slim。息切れしてますね。
by tezzobasar | 2006-02-28 05:27 | MUsic
26th of FEB.
c0072829_455294.jpg


最後の家族
村上龍

最近小説ばっか読んでる気が。
テレビがないと、こうなるのか。

眠いから、とりあえず一言。

救済に対する欲求は容易に支配欲にすりかわる。
とかいう指摘に強く納得。
なるほど。いろんなことが一気に解けた気がする。
引きこもりの子どもが隣の夫婦のドメスティック・バイオレンスに対してなんとか救済しようと手をほどこし、それが動機となって引きこもりから脱出するのだが、そいつに対して弁護士が指摘したのがこれ。もしこいつが救済してその後奥さんと暮らし始めたとしてもまたDVに陥るんやと。
ファシズムなんかこれと同じ。
救済と支配。全然違うようで実は紙一重ってことかー。
てことはナイチンゲールがヒトラーになってもおかしくないな。
そんな気もする。
by tezzobasar | 2006-02-28 05:06 | BOOks + Movies
25th of FEB.
アホの誕生会ですが、はい

あうとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
120%法に触れてるわ。
by tezzobasar | 2006-02-26 21:22
24th of FEB.
c0072829_218312.jpg


行ってきました。スナガのおやじ。
いやー、よかった。
久々気持ちよかったー。

ふわふわしながら始発に乗って帰宅九時。
あれ?
がらがらだったはずの車内が降りるときには満員に。
二往復。お疲れさまでしたー。
by tezzobasar | 2006-02-26 21:08 | MUsic
24th of FEB.
c0072829_20271724.jpg


マイ・アーキテクト

製作・監督・脚本・出演・ナレーション:ナサニエル・カーン

向かうは渋谷Q-AX。
ラブホがひしめく渋谷区円山町。
眺める景色はホテル、ホテル、ホテル、ホテル....
そんな中、さらっと無表情を保つ北山建築。
いぶし銀やわー。

で、みましたよ。やっと。
マイ・アーキテクト。
巨匠ルイス・カーンの息子によってつくられたドキュメント。
建築家としてあまりに有名なおとんの人生は人間的にも壮絶だった。
とりあえず家族は3つ。腹違いの子どもは3人。
3人目の愛人に子どもができたときに残した名言。
「おまえもか。」
さすが巨匠。ついていきます。

で、何が一番おもしろかったって。
バングラディッシュ国会議事堂前でのインタビュー。

息子「これつくった建築家知ってる?」
おっさん1「ああ、知ってる知ってる。あの大建築家の....」
おっさん2「ルイス・カーン」
息子「僕がその息子なんだ。」
おっさん1「おお、ルイス・ファラガーン!(バラガン)」

さすが。バングラディッシュ人、すこぶるてきとーです。
by tezzobasar | 2006-02-26 21:07 | BOOks + Movies
23th of FEB.
c0072829_1937980.jpg


白夜行

現在テレビドラマ化され、話題を呼んでいるらしいこの作品。
完読。
ストーリーにはなるべく触れないように。レビュー。

ストーリーは二人の男女を中心として進む。にもかかわらず二人の心理描写は最後まで描かれることがない。ありきたりの推理小説よろしく仮面をかぶり続けた犯人がラストで自我をさらけ出し、涙のなかで「あいつが、あいつがー」......なんてこともない。
この作品の突出したところは他人の心理描写さえも二人の情景描写として扱われている点だ。周囲の人物が思い描くことで浮かび上がる二人の心理。読者を含むサブキャラによって徐々に紡がれていくのである。
周辺をを塗りつぶすことによって見えてくる二人の心理はこの物語において永遠の命題であり、残る空白こそが二人を表現するための最も適したツールだったのではないだろうか。

テレビ買おーかな....
by tezzobasar | 2006-02-23 20:34 | BOOks + Movies
21th of FEB.
c0072829_11591061.jpg


博士の愛した数式

完読。

僕も昔から数学と物理は好きだったように思う。
明快な答えと明快な筋書きを導き出したときの快感。
その点国語のもどかしさ。間違ってても何がなんやら。

そんなこんなで完全なものとか絶対的なものとかが好きな子供だった。
でも大人になるにつれて、世の中あいまいなもんばっかやなーっていうことに気付いてくる。
それに気付いたときの落胆。
今ではそれすらなくなってきた。

死ぬまで数式を愛した博士は死ぬまで子供だった。
数学を愛した博士が子供を無条件で愛したことはとてもよくわかる。
数学も子供も純粋だ。

昨日大人たちと鍋を食った。
部屋はお金の匂いでいっぱいだった。

大人ってこわいわー。
by tezzobasar | 2006-02-22 12:41 | BOOks + Movies
20th of FEB.
c0072829_791672.jpg


THE有頂天ホテル

監督・脚本 三谷幸喜
出演 役所広司 、松たか子 、佐藤浩市 、香取慎吾 、篠原涼子

久々に映画見てきました。
なんか楽しいやつが見たいなーと思って選んだのがこれ。
あいかわらず三谷節が炸裂してました。
あの登場人物の多さと背景をよくひとつの映画に矛盾なく詰め込めるもんや。

学んだこと。
くねくねダンス
by tezzobasar | 2006-02-21 07:17 | BOOks + Movies
20th of FEB.
c0072829_1462799.jpg


空中庭園
tuttiの棚から抜き出して読む。
読む読む読む読む....読んだ。
けど、
そうかー。
って感じ。
昼ドラ?
これを惜しげもなくプレゼに使ったtuttiがすげえ。
by tezzobasar | 2006-02-20 01:50 | BOOks + Movies